読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主の小学校~競馬を生涯娯楽として楽しむ~

競馬をこよなく愛する競馬ファン「バブ」による一口馬主デビュー日記。その他、雑記あり。

一口馬主デビューにおすすめ書籍/本!~クラブの選定、出資馬選定の参考にどうぞ~

競馬の楽しみは、馬券だけじゃない!

筆者も、長らくギャンブルとしての競馬を楽しんできましたが、馬券を買っていなくても週末には競馬のテレビ放送を観たり、レース結果を確認するだけで競馬を楽しむことができるようになってきました。

一頭のサラブレッドの競走馬としての一生を追うのは、本当に楽しいものですよね。

そう思うようになり、筆者は最近、一口馬主デビューを果たしました。

 

しかし、一口馬主を始めるにはどうしたらいいのか、いつ、どんな手続きをすればよいのかわからないものです。

同じように悩む方への手助けになればと思い、クラブ選定と出資馬選定に役立つ書籍、本の紹介として、この記事を書いております。

 

 一口馬主とは、クラブ選定に役立つ一冊!

 

その名も一口馬主の愉しみ。渋いですよね。

一口馬主を始めるには、どこのクラブに入会するかを決めなければなりません。

クラブとは、募集馬を仕入れる会社のことで、クラブごとに様々な特徴があります。

 

例えば、ハープスターエピファネイアを輩出したキャロットクラブや、ジェンティルドンナを輩出したサンデーサラブレッドクラブ、2017年に出資を開始したワラウカドなどが挙げられ(残念ながら紹介書籍にはまだワラウカドの情報は記載がありません)、およそ20程度あります。

ネットで「オススメクラブ」と検索している方もいる方でしょう。

しかし、紹介されているクラブは、その記事の筆者の経済能力と嗜好が大きく反映されたものになっています。せっかくたくさんクラブがあるのに、全てを知らずに決定してしまっては勿体無い気がしますね。

 

だからといって、これらのクラブの特徴を一つずつホームページから確認するのは非常に大変なことですが、

一口馬主の愉しみ」では、

・各クラブの特徴(入会費や会費、口数等の一覧)

・牧場系やバイヤー系などの仕分け(牧場を持っているクラブかどうか)

一覧表になりわかりやすく記載されております!

 

他にも、クラブ馬に限定した調教師毎の勝ち上がり率等のデータが多く、出資馬を選定するのにも役立つ情報がたくさん盛り込まれています。

 

また、書籍の最後に、有名馬の募集時のカタログ一覧がついており、「この馬がこの値段だったのか!なんてお買い得!」だったり、「あの馬はこんなに高額だったんだ…」など、競馬ベテランの方は、より楽しめる内容だと思います。

 

一口馬主を始めたいなと思っている方は、書籍料金以外は費用が掛かりませんので、

①「一口馬主の愉しみ」を読む

②気になった数クラブのホームページから無料の資料請求をする

③出資してみたい馬がいるかどうかを検討する

の手順で、本当に一口馬主をやるかどうかを考えてみるだけで、一口馬主ライフを想像してワクワクしてくるのではないでしょうか。

 

出資馬の選定には血統の知識は必要不可欠!

 さて、クラブを選択したら、次は出資馬の選定ですね。

出資馬の選定には、血統の知識が必要です。

筆者も出資馬の選定にあたり、改めて各種牡馬の産駒にどんな特徴があるのか、どういう条件で勝ち上がるのかを以下の書籍で学びました。

 

この書籍の良かったところは、種牡馬がヘイロー系、ミスプロ系など○○系の区別でわかれているところでした。一口馬主を始めると、どんどん血統について調べ出すので、辞典的に使えます

内容的には、ギャンブルとしての競馬の視点で書かれているのですが、各データから出資馬の活躍しそうな距離や馬場状態、成長(早熟or晩成)を判断するのに役立つ情報も多く、有名馬については、母父になったときの産駒への影響についても書いていますし、読めば読むほど理解が深まる一冊です。

 

 

以上、現在は、二冊のみ(今後、筆者が読んで役立ったものについては追加予定)ですが、一口馬主を始める際の入門書として、おすすめの書籍ですので、本屋で見かけたら手に取ってみてはいかがでしょうか。