一口馬主の小学校~競馬を生涯娯楽として楽しむ~

競馬をこよなく愛する競馬ファン「バブ」による一口馬主デビュー日記。その他、雑記あり。

新潟2歳Sトライフォーリアル結果

こんばんは。

 

今日はトライフォーリアルが2戦目にして、重賞に挑戦!

最終的に9番人気でしたから、気楽にレース観戦していました。

 

スタートはそこそこでしたが、先行できる事なく、道中は内の後方。新馬戦でも追っ付け同士で勝ち切った本馬にとっては、早めに動けずに万事休す。

とはいえ、直線に入るとぽっかりと前は空いていましたが、差し込めなかったところを見ると、現状は、瞬発力勝負だと力負けということでしょう。

 

調教師のコメントからも、他馬に比べ完成度は高い方だと思うので、ある程度の結果を見せて欲しかったですが、残念!

 

次走がどこかわかりませんが、パワー&持久力勝負できる可能性の高いレース選択を希望します👏

 

ひとまずは、トライフォーリアル、お疲れ様でした〜

次走も頑張れよー✨

札幌記念 ブラストワンピース快勝!

こんばんは。

 

 今日は、愛馬ブラストワンピースが札幌記念に出走し、前走、前々走の鬱憤を晴らすように快勝してくれました✨

 川田Jが言うように、最内枠で良いポジションは確保出来なかったものの、4コーナーでは先団に取り付き、狭いところを割って出て、サングレーザーを差し切りました。

 巷では器用さが無い等言われていますが、馬群から抜け出してきた新馬ゆりかもめ賞や、内ラチにぶつかりながらも立て直して伸びた毎日杯を見れば、決して不器用ではないと思っていました。また、他馬が周りにいる環境だと強いイメージもあります。

 ゴール板後も、まだ伸び続けられそうな感じがしましたし、洋芝適性もありそうで、勝負所でゴチャつく凱旋門賞では、いろんな意味で適性があるのではないかと思います。

 

 ひとまずは、陣営の方には、馬体に何も問題が無いことをチェック&疲れをケアしてもらいつつ、本番に向けて更に状態アップに努めてもらいたいです!

 

 川田Jは、本馬の特徴をよく掴んでいたような好騎乗をしてくれていましたから、本番でもぜひお願いします✨

 

お疲れ様、ブラストワンピース!

2018年産出資馬の紹介

こんばんは。

シルクでの出資馬が確定しましたので、各馬の出資理由を記録しておきます。

 

美浦 牡 マチカネタマカズラの18

 迫力のある大きな馬体と、動画でのキビキビとした力強い歩様が非常に良かったことが一番の出資理由です。

 加藤調教師は、ダートのイメージが強いですが、過去はシャドウゲイトフィフスペトルといった芝のオープン馬も輩出しています。

 血統的には、全姉に3勝したホウオウパフュームもおり、配合の裏付けもあります。

 予想適性&希望としては、王道のクラシックディスタンス(芝中距離路線)を是非とも走って欲しいですね😚

 

美浦 牝 トゥーピーの18

 小柄ながら素軽く、可動域の広い歩き方をしていたのが、非常に好印象でした。

 木村厩舎は、賛否両論ありますが、シルク馬とは相性が良いですし、馬を大事に扱ってくれますから、小柄なこの子とは手が合うのではないでしょうか。

 母がやや高齢ですが、全兄サトノラーゼン、半兄サトノクロニクルがいる良血馬です。しっかりとその運動神経を引き継いでくれているのではないでしょうか。

 遅生まれ&小柄であるため、クラシック戦線へ!とは言わずとも、成長に合わせてゆっくりと始動し、勝ち上がって、秋の秋華賞トライアルを目指す!ようなイメージで頑張って欲しいですね。ということで、適性イメージは、芝マイル〜2000mぐらいかな🧐

 

美浦メジロトンキニーズの18

 個人的には、すごくバランスの取れた大きな馬体だと思いますし、歩様もゆったりとしなやかです。

 奥村武調教師は、まだ5年目の若手かもしれませんが、年間20勝前後の勝ち星を挙げています。今後さらに活躍してくれるという期待も込めての出資です。クラブとしてもこういう若手調教師とコネクションを繋ぐために活躍馬を輩出する必要が出てくるでしょう。

 小倉記念を勝ったトリオンフを半兄に持ちますし、メジロトンキニーズの子はデビュー馬5頭中4頭が勝ち上がっています。シルク×レイクヴィラファームからは、グローリーヴェイズ、クライムメジャー、レーヌドブリエといった活躍馬も出ていることも出資の理由の一つですね。

 ちょっとニッチですが、この子には、母と同じく芝の中〜長距離路線を活躍の舞台にしてくれないかなぁ…と思っています。札幌や函館の2600m戦でコツコツと稼ぐ…そんな渋い活躍を期待しています😎

 

栗東 牡 ローザボニータの18

 馬体はムッチムチ、動きはキビキビしている、私が好きなタイプ。

 寺島調教師は、愛馬シングルアップを早くから使ってくれて、新馬フェニックス賞と連勝させてくれました。若手厩舎らしく、馬のための対策や多様なレース選択をしてくれることから、私的にはストレスフリーで好きな厩舎です。

 ノヴェリストの半兄も勝ち上がっていますし、叔父にはナイスミーチューやフライングアップルといった重賞馬もおり、芝ダート問わず活躍馬を輩出する活気ある母系です。3番仔であることから、そろそろ一発が期待できる事も出資を決めた大きな理由です。

 父エピファネイアは、芝で活躍しましたが、父父シンボリクリスエスから、芝だけでなくダートでも活躍できる可能性があると思います。距離はマイル前後ではないでしょうか。早期から動き始め、2-3歳は芝で行けるところまで試してもらい、もし頭打ちになればダートを試してみても面白そうな子です。息の長い競争生活を期待しています😘

 

シルク1.5次募集

こんばんは。

 

今日は10時からシルクの1.5次募集でした。

昨日の記事で書いた通り、1次募集が終わった後に何度も検討していたのは、以下の子たち。

 

 ・美浦 牝 トゥーピーの18

 ・美浦メジロトンキニーズの18

 ・栗東 牝 パレスルーマーの18

 ・栗東 牝 ペンテシレイアの18

 

そして、来年度、再来年度の募集のために実績を少し積んでおきたかったという意図がありました。

ただ、やはり1次で候補に挙げていなかった子たちを沢山出資するのも、少し違うなぁ…と思っていたことから、追加で出資するパターンと希望順位は、以下の通りでした。

◆第一希望の出資パターン

 ・マチカネタマカズラの18

 ・トゥーピーの18

  →マチカネタマカズラの18は、1次で出資済みだったので、追加で出資し、2口とするパターン。

◆第ニ希望の出資パターン

 ・トゥーピーの18

 ・メジロトンキニーズの18

◆第三希望の出資パターン

 ・トゥーピーの18

 ・ペンテシレイアの18

 →ペンテシレイアの18より、メジロトンキニーズの18の方が人気が無かったので、ほぼ意味のない候補でしたが…。

 

そして、結果は…

 

 マチカネタマカズラの18は、残り80口ラインでしたから、すぐに繋がらなければ、出資できないだろうと思っていました。

 実際その通りで、私がシルクホームページに繋がったのは、11時過ぎごろ。その時には既にマチカネタマカズラの18は満口になっていました。

 

そして、第ニ希望の出資パターンで無事に出資確定。

 

冒頭に候補として挙げたパレスルーマーの18ですが、同じディープインパクト産駒で、同じ価格のトゥーピーの18の方が、私にはよく見えたため、たとえこの1.5次で上記の第三希望までの全ての出資パターンでうまくいかなかったとしても、出資はしないことに決めてました。

 

という事で、2018年度産(2019年度)のシルク愛馬たちが確定しました〜〜✨

美浦 牡 マチカネタマカズラの18

栗東 牡 ローザボニータの18

美浦 牝 トゥーピーの18

美浦メジロトンキニーズの18

 

追加出資した2頭の牝馬ですが、春のクラシックへ!というよりは、それぞれの成長タイミングに合わせて&得意ジャンルに合った活躍をして欲しいなと思います。

 

ひとまずは、めでたしめでたし。

 

お疲れ様でした。そして通常募集

こんばんは。

 

先週は、ベルジュルネとエレンボーゲン が勝ち上がり、生き残りをかけた出走でしたが撃沈。

 ベルジュルネは、デビューが遅れてしまい、ダート中距離にこだわらざるを得なかった?ことで、3戦全て良いところなく終えてしまいました…。硬いところはあったのも確かで、脚元に不安もあるため、ダートなのは仕方がなかったですが、距離的にも未知数のままだったのは残念です。調教の動きから素質はあったように思いますから、地方レースもしくは繁殖能力に期待し、次の馬生で活躍してほしいですね。

 

 エレンボーゲンは、様々なレースを試し、芝の中距離で3着したことから、適性は見えましたが、成長力が足りなかったのかな…と思います。脚元に不安は少なかったように思いますから、どこかのタイミングでもう少し強く鍛えて欲しかったなぁと思いますが、3戦目以降は、天栄で4ヶ月間乗り込まれてましたからね。募集時は小柄&華奢な印象があり、変わり身に期待しつつ出資した覚えがありますが、今見れば少し伸びしろが少なそうな馬体でもあります。

 

 悔しくないと言えば嘘になりますが、どちらも一生懸命にレースに挑んでくれてはいましたから、兎に角、今はお疲れ様でしたの一言に尽きます。

 そして、次の馬生での活躍を心から願ってます。

お疲れ様でした!

ベルジュルネ&エレンボーゲン !

 

 この2頭は共に、通常募集で出資を決めた子達。そして、明日(正確に言えば今日)は、シルク会員だけの通常募集です。

 ちょっと薄情に思われるかもしれませんが、この2頭での経験を生かして、通常募集に挑みたいと思います。

 まず、1次募集で獲得したのは、以下の2頭。

 ・美浦 牡 マチカネタマカズラの18

 ・栗東 牡 ローザボニータの18

 

そして、私の中で気になった子達は以下の通り。

 ・美浦 牝 トゥーピーの18

 ・美浦メジロトンキニーズの18

 ・栗東 牝 パレスルーマーの18

 ・栗東 牝 ペンテシレイアの18

 

 来年度や再来年度を見越して、今年は少し実績を作っておきたいなぁと思っています。どの馬に申し込みをチャレンジしようかは、決まっています。

 しかし、欲しい子が獲れなかったりした時には、実績を作ることを考慮して、3つくらいの出資パターンを決めているため、今ここではどの子が1番欲しい!とかは、書かないことにしておきます。

 

 出資が決まったら、どう考えていたのかも書いてみようと思います。

 

ひとまずは、明日の朝、起きるところから頑張ります笑

 

 

 

 

生き残り戦

こんにちは。

 

今週は愛馬2頭が現役生き残りを賭けたレースに出走します✨

 

8/10 札幌6R ベルジュルネ 藤岡康太J

8/11 新潟4R エレンボーゲン 木幡育也J

 

 ベルジュルネは、骨折でデビューが遅れてしまったものの、相変わらず調教タイムが良く、素質はありそう。自身もそうですが、前走3着内が1頭のみで、メンバーには恵まれているはずです。力を引き出せるよう、藤岡康太J、おねがいします!

 エレンボーゲンは、前々走で見せ場を作り3着に入った時と同舞台の、新潟芝2000mで出走が叶いました✨非力な上にキレがないため、平坦&小回りのこのコースが合うのかもしれません!前走はハイペースに巻き込まれてしまったことが大きいので、ゆっくりと先行できればチャンスがあると思います!

 

 さて、2頭ともラストチャンス、もしくは優先出走権を確保できて初めてもうワンチャンス…ぐらいの崖っぷち。

 しっかりと力を出し切れるレースをして欲しいのと、勝ち切ってひとやすみしてほしいなぁと思います。

 

 

頑張れ!

ベルジュルネ&エレンボーゲン ✨

シルク抽選結果!

こんにちは。

 

先日、シルクの抽選結果があり、以下のような結果に…。

 

◎抽優馬 ローブティサージュの18 →落選(抽選)

アンティフォナの18→落選(死票

・プチノワールの18→落選(抽選)

・マチカネタマカズラの18→無風出資💡

・ローザボニータの18→当選(抽選)✨

 

ということで、現段階では関東、関西にそれぞれ牡馬1頭ずつが確定。

ローザボニータの18が当選しただけ良かった、抽優馬ローブティサージュの落選にガッカリ…。

プチノワールの18も良い馬だと思ってるんですが、この2頭のファミリーとは縁が無かったみたいですね。

一方、マチカネタマカズラの18は、動画が公開された時から、動きについて最上位に評価していた1頭ですから、無風出資はラッキーだと思っていますし、数ヶ月前の追加募集にいたマチカネタマカズラの17(アルコレーヌ)の半弟ということで、縁のあるファミリーです✨

ローザボニータの18は、後脚に硬さがあるので解消されれば芝で面白そうですし、ダートでも走れそうな気がしますから、長く楽しませてくれるのではないでしょうか。寺島厩舎は、シングルアップに引き続きお世話になりますが、積極的に出走機会を設けてくれる一口馬主向きの満足度の高い厩舎です。

 

さて、これまでの出資馬は…

◇2015年産(入会&一口馬主ライフ開始)→3頭

 ブラストワンピース(OP)ヴィグラスファイア(1勝C)ケイティーズソレル(未勝利引退)

◇2016年産→5頭

 シングルアップ(3勝C)、スイートセント(2勝C)、ユナカイト(1勝C)、エレンボーゲン(未勝利)、ベルジュルネ(未勝利)

◇2017年産→5頭

 トライフォーリアル(新馬勝ち)、シャリーアルマリカ(新馬)、ブリジャール(新馬)、アルコレーヌ(新馬)、ディランズソング(新馬

 

以上であり、3頭→5頭→5頭→2頭?となっていますが、やはり2頭は少し寂しいというのが本音。

13日に1.5次募集がありますから、残口馬を見ていたところ、面白そうな馬を発見しました💡

中々繋がらないストレスフルなホームページと戦うことになるでしょうが、頑張ってみようかなぁ〜と思います✨