一口馬主の小学校~競馬を生涯娯楽として楽しむ~

競馬をこよなく愛する競馬ファン「バブ」による一口馬主デビュー日記。その他、雑記あり。

ブラストワンピース有馬記念出走!

こんにちは。

超久しぶりの記事になります……💦

 

タイトルの通り、有馬記念に出資馬ブラストワンピースが出走すると決まり、

応援の意味も込めて、記事にしたくなりました。

 

2年前に勝利した舞台とはいえ、当時よりはメンバー構成としては層が厚い感じがしますね。

有力馬を挙げると、クロノジェネシス、ラッキーライラック、フィエールマン、カレンブーケドール…。

オーソリティやワールドプレミア、キセキ、ラヴズオンリーユーなんかも伏兵としては、十分過ぎるほどの能力の持ち主でしょう。

 

とは言え、私はブラストワンピースの能力的が劣るとは全く思えません。

今回も人気の一角であろう、フィエールマンには札幌記念で、一昨年の勝利時にはキセキにも勝利していますから、要は本来の力を発揮できるかどうかに尽きます。

 

中山の2500m戦、荒れた馬場、これから週末までの降雨予報無し。

 

これ以上ない舞台。

 

あとは、レースまで少しでも状態を上げて挑むことが出来れば、結果は自ずと付いてくるでしょう。

 

私は、中山の地下歩道にブラストワンピースの写真がもう一枚貼られることを信じています!

 

頑張れ❗️

ブラストワンピース❗️

 

アルコレーヌ1着!オクタヴィアン5着…

おはようございます。

 

先週は、除外やら騎手調整やらで出走が延期、延期で3週延びてしまったアルコレーヌが、状態落ちの中、2勝クラスを勝ち上がってくれました👏✨

 

まるで芝のレースのように、インにジッと構えて、追い出されてからノーステッキで差し切るあたり、

ここでは力が違ったということでしょうから、状態さえ良ければ準オープンや地方交流戦でも戦えそうです‼️

関係者の皆様、ありがとうございますm(_ _)m

 

さて、新馬戦に出走したオクタヴィアンはというと、残念ながら5着。

レース前から暴走馬ということでしたが、明らかに幼さたっぷりのレースでしたね。

個人的には、内容にはあまり悲観しておらず、

ゲートで出遅れた後に先団までビュッと追いついたのは良かったものの、

その時のラップは11.0-11.3で、その後も11秒台半ばが持続するペースながら、最後もパタッと止まることはなかったので、走力自体はありそうだと感じました。

 

まぁ、精神面も凄く大切なのが競馬ですから、精神面の成長は必須ですが…😅

 

さて、レース後の公式ホームページを見ると、「放牧」ではなく「短期放牧」と記載がありますね。

コンスタントに使ってレースを覚えさせる為なのか、早めの勝ち上がりを期待してなのかわかりませんが、後者だった場合は、リーディング上位騎手が配される可能性が高そうですね。

 

リーディング上位騎手をもってしても、御せないようであれば、ちょっと見離されてしまう気がしますので、オクタヴィアンの頑張りどころかもしれません!

 

オクタヴィアン頑張れ〜‼️

 

 

さぁ、ついにキャロットクラブの中間が発表されましたが、なんと、ここまで申し込んだ7頭のうち名前が出ているのは、ケイティーズハートの19のみ。

もちろん申し込み前からこの子が、1番可能性が低いだろうと予想しており、前回の記事でも記述済み。

まぁ、まだ前年比25%ですし、既存会員の方々の票で埋まってしまえば、新規にはノーチャンスのキャロットクラブですから、取れすぎる心配は全くしておりません笑

運良く納得できる子で入会出来たら良いのになぁ〜ぐらいの気持ちが今年の入会チャレンジのコンセプトですので、じっと待つのみですね。

今日の18時にも中間発表が掲示されるかと思いますので、仕事終わりを楽しみに?しようと思います、😅

 

 

キャロットクラブ入会チャレンジ?その3

こんばんは。

 

週末は、キャロットクラブからのカタログも届き、netkeibaや一口馬主DBの人気順を参考に良さそうな募集馬を眺めていました🧐

 

これまでシルクホースクラブ1本で一口馬主ライフを楽しんできましたが、一口馬主バブルゆえに出資が上手くいかず、キャロットクラブへの入会も検討中…というのが現在の状況です。

 

そもそも、シルク2020の出資が上手くいかず、ヤケクソでキャロットクラブへの入会を検討してましたが、

シルクとキャロットの2クラブでやっていくと、シルクでの実績稼ぎは難しくなりますので、キャロットに入会することも悩んでました🤔

とはいえ、シルクでは実績稼ぎすらままならぬ状況なので、2-3年に1度、人気馬に出資できる確率の高いキャロットクラブへの入会を検討に至ったという感じ。

 

さて、結局のところ、キャロットへの募集馬を見ていて、入会するか否かを考えてたのですが、妥協して確実に入会できる馬を選んでまで入会する必要は無いのかなと思いました。

 

出資したい、出資出来たらテンション上がるな‼️と思える馬がいて始めて一口馬主ライフは楽しめるものですからね😚

 

ということで、多少の人気順フィルターを通した上で、出資できたらラッキー🌟だなぁ〜と思って選んで募集馬がこちら。

 

★新規優先馬

・マルティスタークの19

 →体高は低めも、その他測尺良し、動き良し、馬体良し。兄姉も複数勝利馬もいますし、上手く噛み合ってくれば、高額な募集額ペイもあるかと思いました。

 

◆新規一般馬

・フロアクラフトの19

 →右前にやや硬さがあり募集額も高めも、ラストクロップのキンカメ牝馬。その他に動き、馬体に課題もなく、血統も筋が通ってますね。母優先馬としての魅力も感じての選定です。何より、本馬が母になると、父キンカメ、母父フジキセキは…そう、出資馬ブラストワンピースの母ツルマルワンピースと同じ配合。この子にハービンジャーで完成です👍✨

 

・ケイティーズハートの19

 →ハービンジャー祭りその1。動きや馬体がメチャクチャ好みでしたが、先日一つ上のエフフォーリアが新馬勝ちして、人気急上昇中。確実に捨て票でしょう。

 

クルミナルの19

 →ハービンジャー祭りその2。母はクラシックを沸かせ、一つ上のキンカメっ子も2戦目で素質充分に勝ち上がり。募集額が高額ですが、引き続き栗田厩舎に預託されますし、馬体もバランスが良いので期待。

 

・エールデュレーヴの19

 →ハービンジャー祭りその3。レーヴ一族に加え、測尺、動き、馬体良し。価格的な魅力も。初仔もこの出来なら。

 

・サダムグランジュテの19

 →シルクでお馴染みの母の子が、今年はキャロットに。これまでの子より馬体バランスが良いですね。良い意味でこれまでの母産駒とは異なります。動きも柔軟性に優れますし、早期始動から長く楽しめる子になってくれるのではないでしょうか。

 

・ペルレンケッテの19

 →筋肉のメリハリがあって、ダイナミックで完歩が大きく力強い歩様。さらにパワーアップできる素地があるように見えました。やや割高に思えますが、ドレフォン産駒に対する期待込みで。

 

 

以上!

キャロットクラブへの入会チャレンジは、上記の子たちで挑みます!

 

さて、どうなるやら…

 

 

キャロットクラブ入会チャレンジ?その2

こんばんは。

 

新規入会者ゆえに、まだカタログも見ていませんが、ブロガーの方々の情報を元に、日々、募集馬を眺めています。

 

どうやら本日は測尺も開示されたようですから、あらためて中央競馬で募集される馬の中で、netkeibaの検討数、アクセス数ワースト10位…と言わず15位にまで広げて、ピックアップしてみます。

 

◆検討数ワースト15位

1位 サンビスタの19

2位 ベルロワイヤルの19

3位 ジュモーの19

4位 ヒルダズパッションの19

5位 キラーグレイシスの19

6位 ジンジャーパンチの19

7位 カラベルラティーナの19

8位 マルティンスタークの19

9位 シーズンズベストの19

10位 ペルレンケッテの19

11位 クルソラの19

12位 ディアデラノビアの19

13位 リーチコンセンサスの19

14位 シャルールの19

15位 ヴィータアレグリアの19

 

◆アクセス数ワースト15位

1位 ペルレンケッテの19

2位 フェルミオンの19

3位 プリンセスカメリアの19

4位 ピュアブリーゼの19

5位 フロアクラフトの19

6位 リーチコンセンサスの19

7位 ムーンライトダンスの19

8位 グリューヴァインの19

9位 ソングバードの19

10位 ヴィータアレグリアの19

11位 クルージンミジーの19

12位 レオパルディナの19

13位 カイカヨソウの19

14位 クルミナルの19

15位 サダムグランジュテの19

 

なるほど。

あくまで24時間以内の検討数、アクセス数ですから、最終票にどこまで一致するのかわかりませんが…

明日になれば、カタログが届くようですので、上記のピックアップ馬を中心に馬体を見てみようと思います!

キャロットクラブ入会チャレンジ?その1

こんばんは。

さて、シルク2020は大盛況で、なかなか出資がうまく行がなくなってきましたので、キャロットクラブへの入会を検討中です。

 

キャロットクラブといえば、新規の入会が難しいクラブで、人気ワースト1割程度の馬から選定しないと入会できません。

 

そこで、今日は、カタログや厩舎などは、まだ公開されていない中ですが、netkeibaのアクセス数順で、現時点でのワースト10位をピックアップしました。

ただし、地方入厩する馬での入会は考えていないので、地方入厩馬については、除外しました。

 

〜アクセス数ワースト順〜

1位 ヴィータアレグリアの19 母優先有

2位 フロアクラフトの19 母優先有

3位 サンビスタの19 

4位 ペルレンケッテの19 母優先有

5位 レオパルディナの19 母優先有

6位 プルメリアスターの19 母優先有

7位 ベルロワイヤルの19 

8位 リーチコンセンサスの19 母優先有

9位 シーズンズベストの19 母優先有

10位 ティズトレメンダスの19 

 

なんと、アクセス数順だと母馬優先ではない馬が3頭しかおりませんでした…。

来年、なんだかんだ母馬優先馬の方が満口になる割合が多いようですので、まだ厩舎が公開されていないことも大きいと思いますが、アクセス数だと上手くピックアップ出来てないのかもしれませんね。下調べのためにとりあえずアクセスする=キャロットでお馴染みではない調べる必要がある血統、もしくは、母馬優先があるからどうせ取れないか…みたいな感じでしょうか。

そこで、検討数順もピックアップしておきます。

 

〜検討数ワースト順〜

1位 サンビスタの19

2位 ティズトレメンダスの19

3位 タリサの19

4位 ジュモーの19

5位 カニョットの19

6位 マルティンスタークの19 母優先有

7位 アビラの19

8位 ケイティーズハートの19 母優先有

9位 クルソラの19

10位 クルミナルの19 母優先有

 

一変して母優先馬が3頭と、かなり減りましたね!やはりこっちが現実的だと思います。

 ラインナップを見ても、高額馬や、ややスタートダッシュが遅れたモーリス産駒、母高齢や、海外種牡馬産駒、母産駒の頭打ち感があるなど、何かしら感じ取れる子達ではありますが、母自身や兄姉に重賞クラスがいる子達もいますから、十分楽しめそうですね。

 

 個人的には、可能であれば、1頭目に高額馬に出資することは避けたいなぁ…と思ってはいるのですが、そう上手くいくかはわからないですし、まだ入会チャレンジするかどうかも迷っています。

 

ひとまずは、厩舎、馬体、測尺を見てからですね!

 

それでは、また〜

 

シルク2020追加出資

こんばんは。

 

 今日はシルク1.5次募集でしたが、在宅ワークのため、ひっそりと参加することができました。

 

 残口ありの馬の中で、気になっていたのは、

・レジェの19

・シロインジャーの19

・オーシャンビーナスの19

の同価格帯3頭に、実績のためにモシーンの19がチラついていました。

 先日の記事の通り、キャロットクラブへの入会選択肢も残っていますので、とりあえず、モシーンの19は除外しました。

 

動画を何度も見返し、預託厩舎など諸々を考慮して、最終的には、

★オーシャンビーナスの19

に出資を決めました。

 

1番の決め手は、他の2頭とは異なり、若手厩舎であることでした。

 若手厩舎であれば、今後、シルクとしても良好な預託先との関係性を作って行きたいだろうし、数を使ってくれそう、他の預託馬との競争が少なそうという期待が持てますからね。

 

 馬体サイズや動きについては、バランスも良く、歩様も大きくて欠点が少ない感じですが、強いて言うなら、1月生まれの割には筋肉質ではないことぐらいでしょうか。管囲も19.5でやや気になりはしますが、馬体も400キロ半ばぐらいまでなら問題ないように思います。

 血統面では、母の産駒が中央勝ちきてないことが気になりますね。ただ、地方では、結構勝っていますから、噛み合ってくれば走ってきそうですね。また、何よりも、私が最も好きで、競馬に没頭することになったカンパニーの近親であることは嬉しいですね。昨年もビバリーヒルズの子=先日勝ち上がったデイトンウェイが募集されていて、申し込むか悩んだ魅力的な血統ですから、応援し甲斐がありますね。

 

さて、シルク2020の出資馬は、これにてひとまず2頭。

・コケレールの19

・オーシャンビーナスの19

東の牡馬に西の牝馬ですから、それぞれ皐月賞、ダービー、桜花賞を勝ってもらおうじゃありませんか!

 

頑張れ、

コケレールの19!

オーシャンビーナスの19!

キャロットクラブ入会チャレンジ…する?しない?

こんにちは。

 

今年のシルク2020の結果は、6頭に申し込みをし、1頭のみ、しかも実績ボーダー上でのGETとなりました。

 

今後は頭数を絞っていく予定だったので、まぁ、良いんですが、取りたい子に出資しつつ実績を稼ぐのが難しくなってきましたね。

 

 ということで、クラブの掛け持ちを考えていて、多頭口で実績のあるクラブとなれば、タイトルの通り、王道のキャロットクラブさんになるだろうと。

 ただ、掛け持ちするとなると、当然キャロットクラブでも出資する訳ですから、出資額を増やさない限り、シルクへの出資額=実績は下がるのは必然。

 もし、キャロットクラブにも入会した場合の月々の費用や数年間の出資額の割り振りイメージをしてみました。

 

 まずは、現状、ここ3年の私のシルクでの出資額整理。

◆会費

 3,000円×36ヶ月=108,000円

◆出資額

2016年の5頭=172,000円(単価安!)

2017年の5頭=308,000円

2018年の4頭=316,000円

合計=796,000円

計14口 1口当り 約56,000円(2,800万円相当)

合計で、90.4万円。

 

 本当は、上記に加え、1口当り1,000円程度の維持費がかかるのですが、現役馬もいますし、引退時期もバラバラなので、省略。

 

 さて、今後に関して、キャロットクラブを掛け持ちした時に、何が良いかっていう事ですが、キャロットクラブには、優先権に加え、前年度落選制度があること、いわゆる「バツ」制ですね。バツは2回までカウントされます。

 つまり、キャロットクラブでは、母馬優先権のない馬に関しては、3年に1度なら、かなりの確率で申し込み可能になります。

 逆にシルクはというと、「抽優権」があり、毎年一定の確率(=1番人気を除けば、2-4倍程度の当選確率)で出資可能。平均して倍率を3倍とすると、計算上は、こちらも3年に1度、希望馬への出資が叶う形。

 

 すると、今年2020年にキャロットに入会出来たとすると、2021年以降の出資イメージはこんな感じ?

 

◆シルク                    

2021年→◯        

2022年→×

2023年→×

◆キャロット

2021年→×(✖️なし)

2022年→×(✖️1)

2023年→◯(✖️2行使)

 ×の年度に関しても、1頭も取らないということでは、ありません。あくまで人気馬への出資が叶わないことを想定しています。

 

 さて、キャロットに関しては毎年、1頭のイメージをしていて、優先権を行使しない馬に関しては1口、優先権を行使する馬に関しては2口ぐらい?をイメージしています。

 すると、これまでのシルクでの1口当りの出資が2,800万円相当でしたので、募集額が多少上昇していることも加味し、3,000万円相当として、キャロットクラブでの3年間の費用はこんな感じですかね。

◆キャロット

2021年→×(✖️なし)

   1口 3,000万円÷400口=7.5万

2022年→×(✖️1)

   1口 3,000万円÷400口=7.5万

2023年→◯(✖️2行使)

   2口 3,000万円÷400口×2口=15万

会費が3,000円×36ヶ月=108,000円

合計すると、40.8万円

 

同様にシルクは…

◆シルク

2021年→◯

  3口 3,000万円÷500口×3口=18万円

2022年→×

  1口 3,000万円÷500口=6万円

2023年→×

  1口 3,000万円÷500口=6万円

会費が3,000円×36ヶ月=108,000円

合計すると、同じく40.8万円

これで両クラブで毎年2頭の計算です。

 合計で81.6万円ですから、これまでの3年間の90.4万円に比べ多少、余裕がありますから、どこかの年で2頭に出資する感じでしょう。

 口数は、3年で9口と、これまでの14口から減っているように見え、維持費が減りそうですが、キャロットの4口分は、シルク相当に換算すると、5口分に相当しますから、実際には10口ですね。4口減った分がキャロットの会費に当てられら感じですね。

 この場合、シルクでの3年間実績は30万円と著しく低下し、もはや実績の効力はゼロでしょう。

 実際には、シルク→キャロットの順で募集が叶いますので、シルクで抽優の口数を多くして、実績を稼ぎに行くことも可能ではありますし、抽優馬の倍率が低めの気に入った馬へ出資確定していけば、もう少し実績は増やせますが、良くて3年で60-70万でしょうね。

 その場合、キャロットは、あくまでシルクの抽優が外れた時の為の楽しみ要因となりますね。

 ただ、やはり会費が倍に増えるのは痛いところですよねー…。少ない頭数で当り=稼いでくれる馬に出資できれば良いですが、普通に考えれば一極集中の方がいいですよね。

 シルクの出資結果が良くなかったので、こんなことを考えていて、キャロットのカタログを取り寄せてしまってはいますが、シルクの追加募集もあるでしょうから、そこに期待して、まだシルク一本で続けるべきか…

 

うーん、迷いますね…

 

 来年度からシルクの出資において、新規に抽優枠が無くなるだとか、ある程度会員に有利になりそうな情報があれば、このまま一年続けるぞ!と、思えるのですが。来年も今年以上の倍率だと、当選を期待すること自体が難しいですよね…

 

 悩みます…🌀🌀🌀