一口馬主の小学校~競馬を生涯娯楽として楽しむ~

競馬をこよなく愛する競馬ファン「バブ」による一口馬主デビュー日記。その他、雑記あり。

シルク募集馬検討

こんばんは。

シルク2018年度募集馬の画像、動画、測尺が発表され、ほとんどの判断材料が揃いました!

ということで、価格を抜きにして、良さそうだった馬をピックアップしてみました。

関東馬

1.モシーンの17

脚元に不安もなさそう。馬体のバランスも良い。

3.ピラミマの17

まだ少し華奢ですが、スラッと脚長の馬体は美しい。全身を使ってキビキビ歩く姿も好印象。

6.ポーレンの17

脚元がまっすぐで良い。馬体バランスも良く、特に不安らしい不安が無いのが良い。もう少し筋肉がついてくればより良い。

9.プルーフオブラヴの17

トモの大きさとゆったりとした歩様が目を引きます。

11.ロザリンドの17

全身を使ったリズム感の良い歩様は好きです。若干、右前の動きが気になりますが、許容範囲でしょうね。

12.アイムユアーズの17

馬体のバランスは、今年の募集馬の中で5本指に入るかと。歩様も力強いです。

18.アドマイヤセプターの17

立派なフレームの通り、大きく見せますし、歩様もパワフル。

22.ラトーナの17

リズムよく柔軟な動きを見せています。左前の動きは若干気になりますが、許容できるレベル。

25.ウルトラブレンドの17

キビキビ感と大きくバランス良い馬体が魅力。もう少し柔軟性が欲しい気もするが…。

26.ボシンシェの17

顔はともかく、脚元の不安が無さそうな感じが良い。全身でリズムよく歩く姿も好印象。

28.ユキチャンの17

柄はともかく、歩様の力強さが良い。前脚の可動域が広そうで良い。

29.エンプレスティアラの17

馬体はまだボテっとしているが、歩様は力強い。重心が低い感じ。

31.シャンボールフィズの17

脚長で馬体のバランスも良く、キビキビと歩けている。安いのは父産駒であることであれば、チャンスかと。

32.シーヴの17

脚長でありつつ、前駆と後駆に適度に筋肉が付いていてバランス良い。歩様の可動域は狭めもダートでしょうから。

 

関西馬

35.ミュージカルウェイの17

スラッとバランスのとれた馬体と、キビキビした歩様が魅力的。首の使い方もうまそう…。

36.リアアントニアの17

背が高く小気味好い歩様が良い。

39.マンビアの17

足の回転が早く、毛艶も良い。馬体が立派な割に管囲が小さいのがネックかな?

40.メジロアリスの17

全身が連動したような歩様が良い。脚元もスッキリ見せますし、もう少し体高があればなぁ…なんて。

42.ルージュクールの17

馬体の大きさとは対照的に、しなやかなでゆったりとした歩様。左前の動きは少し気になりますが、許容かな?

45.チアズメッセージの17

キビキビして力強い歩様と、ムチっとしたボディが良い。管囲は細め。

46.タイタンクイーンの17

背が高く大きなフレームがゆったりと歩く姿が好印象。もう少し大きくなりそうな割に管囲は細め。

52.エンジェルフォールの17

全身が連動しそうな歩様が良い。馬体バランスも良いが、左前の動きが気になる。

58.レイズアンドコールの17

キビキビと全身を使った歩様が良い。管囲がちょっと細いね…。

60.プチノワールの17

背が高く均整のとれた馬体が目を惹く。脚元も不安なし。

61.アーデルハイトの17

正直歩様は良くないが、品のある顔つきと柔軟性のある前脚が良い。成長により腰高が解消されれば、歩様も良くなるはず。

62.アンティフォナの17

かなり完成された馬体のバランスが魅力的。歩様もゆったり。

63.プロミストスパークの17

トモの容量の大きさにビックリ。筋肉質でいかにもパワフルなダート馬だが、柔らかさもあって良い。

 

以上、ざっくり、関東馬14頭、関西馬13頭。

やはり人気になりそうな馬はほとんどピックアップすることになってしまいました。

今年の申し込み馬のキーワードは「大物感」で選んでみたいと思いますみたいと思います✨

 

ケイティーズソレル無念の11着

こんにちは。

 

先週に除外されてしまった、ケイティーズソレルですが、今日の中京2レースダート1800m 武豊ジョッキーにて、出走しました。

結果は、タイトル通り無念の11着。スタートで大出遅れし、万事休す。

調教やレース中の要所の動きから、能力が無いわけではなさそうですが、レースセンスが課題のようです。

 

また、今回の出走に至るまでの過程も、少しモヤモヤ…☔️

 

・芝1400mでデビュー。レース前コメントは、非力さがあるので良馬場でやりたい

・スタート、追走に苦労するも、最速タイで8着まで追い上げる

・レース後、前半で置いていかれるので、距離は1400mよりも少し伸ばしたほうがいい

・芝の1600m戦を選択するも、節が足りない&距離伸ばすのはスタミナに不安あるからやめておく

・翌週の芝1600mも節が足りないので、走りは硬さがあってダート向きだからダート1400m使います

・ダート1400mは除外になるから、ダート1800mで出走

 

 

うーん。

要するに…

◆デビュー前は、非力さがあるというコメントがあるのに対し、ダートを選択

◆体力に不安があるのに最終的に1800m戦を選択

まぁ、未勝利で出走権利も持っていない本馬なので、レースを選べないというのは、仕方ありませんが、せめてコメントの一貫性が欲しいです。

未勝利で終わることは、出資馬を決めた時点で、出資側にも責任がありますが、出資した馬が何故勝ち上がれなかったのかを明確に知る権利はあるはず。

怪我でデビューが遅れ、出走数もあまり重ねられず適性がわかりにくいのは、調教師も同じでしょうが、出資者はそれ以上に分かりませんからね😓

 

ツイッターでの武豊ジョッキーのレース後のコメントを見ると、出遅れが大きな敗因で、ダートは悪く無いが、パサパサの馬場よりも、もう少し脚抜きの良い馬場が良さそうとのこと。

 

今回も権利が取れませんでしたから、次走もレースを選べません…

個人的には、今日の走りから1800mを走る体力はありそうでしたから、芝の中距離戦を使って欲しいところです。

 

まぁ、ひとまずは、ケイティーズソレルと関係者の皆様、お疲れ様でした🙇

 

ケイティーズソレルとシルク募集馬雑感

こんばんは。

 

今週は、ケイティーズソレルが勝ち上がりをかけて土曜日の中京1600m戦への出走を予定しています✨

一度叩いたことにより状態はアップ⤴️しており、良い体つきになってきたとのこと。鞍上は引き続き浜中ジョッキーですから、前走での経験を存分に生かしてくれそうです。

しかしながら、週末は荒れ模様…☔️重い馬場に対する適性はわかりませんが、勝ち上がるなら仕方ありませんが、次走以降に大きなダメージにならないことを祈っています👏🏻

 

 

さて、シルクのカタログ募集の申し込みが開始されましたので、もう少しでカタログが到着するのでしょう😚

ワクワク、ドキドキの1ヶ月の始まりです。

今年のクラシックを盛り上げたロードカナロアオルフェーヴル産駒はもちろん、新種牡馬の産駒にも注目しています。

今年から抽優馬の制度が導入されるため、中価格帯以下の募集馬は、例年のように数打ちゃ当たる的な申し込みでは、意味をなさない(抽優馬で満口になる)可能性が高そうです。

となると、ディープインパクト産駒を中心に、5,000万以上の募集馬にもアンテナを張っておかないといけないかもしれませんね。

ディープインパクト産駒の中なら、血統の期待値と、厩舎&価格のバランス的には、ピラミマの17、エクセレンス I Iの17、ミュージカルウェイの17、リアアントニアの17が気になります。

 

そろそろディープインパクトも高齢の域なので、いつ何があってもおかしくないと思いますから、一口馬主をやっている間に1頭くらい所持してみたいですねぇ🤔

 

なーんて、妄想している今日この頃。

 

シルク2017年産出資マイルール

こんばんは。

 

シルク2017年産募集馬一覧を眺めて、抽優馬の存在が頭をかすめ、

昨年度以上に申し込みが殺到することを考慮する。

 

今年どうしよう(゚o゚)

 

そんなこんなで、パターンは2つ。

①中価格帯(抽優馬)+中〜低価格帯で気に入った2頭前後を取れるイメージで一般枠へ申し込み→計3頭前後

②中価格帯(抽優馬)+高価格帯(抽選は無しか、ほぼ無し)+低価格帯で1頭取れるイメージで一般枠へ申し込み→計3頭

 

ちなみに、私の基準的には、

高価格帯…4,000万以上

中価格帯…2,500万〜4,000万

低価格帯…2,500万未満

という感じ。

 

まぁ、今年のシルクの活躍と会員の経済状況的には、比較的手軽に出資できて、血統や馬体、厩舎等に魅力ある中価格帯の馬に、抽優馬の申し込みが殺到するでしょうね。

高価格の馬は、例年通り多少は敬遠されるでしょうから、一般枠無抽選で良駒に出資できるなら、この層でしょうか。

 

予算は、20万前後。

可能であれば、芝マイル〜中距離路線の牡馬、牝馬に出資申し込みしたいなぁ。

一般枠で申し込むなら、ダートっぽい牡馬ですが、皆さん同じ考えかもしれませんね。スプリント枠も一般枠でもいいですね。

 

あ、あとは、出来ればこれまで通り、父馬がバラバラになれば、尚、良し!ということで、迷った時には下記のルールで判断していこうかと。

☆これまでの出資馬の父馬と異なる種牡馬の産駒を選ぶ!

 

 

馬体や動画、測尺の発表が楽しみすぎますね🤤

 

 

ブラストワンピースの次走発表!

こんにちは。

 

シルクのホームページで、ブラストワンピースの次走が発表されました。

ダービー終了後の時点で、個人的には、札幌記念セントライト記念かな?と予想しておりましたが、9/2 新潟記念になりましたね🤔💡

 

10/21 菊花賞が最大の目標とのことですが、これまで通り、少し間隔を空けることを意識した良いローテーションのように思います。

初の古馬との対戦になる上、ハンデがどれくらい見込まれるのかも不透明、古馬勢は、サマー2000シリーズを意識した馬など、叩かれて状態が上がっている馬もいるでしょうから、休み明けの本馬にとって勝ち切るのは容易ではないかもしれません。

キレる脚も使えますが、新潟の平坦な直線のような、パワーを必要としないコースも、あまり有利ではないでしょうね。

 

ひとまずは、菊花賞で最高のパフォーマンスをするためのステップレースとして使ってもらえれば良いですが、

これだけの馬なので、今後のローテを楽に組み立てるためにも、勝ちもしくは賞金加算を期待しています。

 

さて、ブラストワンピースの次走が、9/2の新潟記念に決まりましたが、同日には小倉2歳Sが開催されます!

今のところ、シングルアップが8/11のフェニックス賞を叩いて小倉2歳Sに向かうことを予定していますので、うまくいけば、2つの重賞にチャレンジできる日になりそうです🤩

 

どちらも怪我なく無事に出走できますように✨

愛馬近況

こんばんは。

 

毎日、シルクの募集馬一覧を眺めては、あーでもない、こーでもないという妄想をしています🤩

馬体や動画も無いのに、何を悩んでるんだかという感じですが、この時間が楽しいですね。

早く馬体&動画が見たい😆

 

さて、今日は、サラリと愛馬2頭の近況。

 

◆エレンボーゲン(2歳 新馬

 ゲート練習をしているが、頭を上げてしまうようで、普段の調教でも上滑るような走りのようです。 ただ、タイミングが良ければ試験には合格できるレベルのようです。

→ひとまずゲート試験に合格してほしいですね。そこからは、走りの強制のために、放牧に出されて長めに乗り込まれるかもしれませんね。体も小さいですから、しっかり土台作りをした方がいいのかもしれません。

 

◆ケイティーズソレル(3歳 未勝利)

 20日に入厩済み。次走は7月7日中京1600m(牝)を予定。

→帰ってきました!初戦は1400mで、スタート後の行き足がつきませんでしたから、レース後のコメントの通り、距離を伸ばしてきましたね。最後の直線は見応えありましたから、しっかりと集団についていき、直線で良さを炸裂させてほしいですね✨

愛馬出走予定&予想

こんばんは。

自分への備忘録的な意味も含めて、愛馬の出走予定を一覧に。

 

☆3歳馬

◆ブラストワンピース→未定

 夏は休養に充てるようなので、出走は、余程のことがない限り、9月以降でしょう。個人的には、馬体が絞れないようだったら、早めに1戦使って欲しいですが…😓

◆ヴィグラスファイア→8月中?

 全治3ヶ月の軽い骨折明け。既に週3回14秒ペースまで上げられていますが、コメントは慎重です。次走後、500万下で戦うには、成長も必要と言われていましたから、あと1ヶ月くらいは乗り込むんじゃないかな?というわけで、復帰戦は8月と予想してみました🤔

◆ケイティーズソレル→第3回中京開催(7月かな?)

 3歳馬唯一の未勝利馬。公式コメントには第2回中京開催と記載されてますが、終わってますので誤りかと…。1度使って上積みがあるようなので、勝ち上がりor優先出走権獲得を目指して頑張って欲しいですね。今週か来週には入厩とのことですから、出走は、7月でしょうね☺️

 

☆2歳馬

◆シングルアップ→8/11 フェニックス賞

 前走は、見事に新馬勝ち。既に坂路入り出来ており、口に硬さがあることから修正に取り組んでいるようです。フェニックス賞の後は、小倉2歳Sへの出走も予定しているので、どちらかで賞金を加算できれば、ローテに余裕が出来ますので、最高ですね✨

◆ユナカイト→第2回新潟開催前半(7月末〜8月初週)

 ゲート試験に合格し、一旦放牧へ。坂路14秒ペースでも、まずまずの手応えのようで、体力も付いてきたようです。デビュー戦は姉のアーモンドアイと同じく8月5日を目指しているという情報もありますが、7月末〜8月初週あたりでしょう🤔

◆エレンボーゲン→未定(9月?)

 現在、ゲート試験合格に向けて、練習中。今週か来週には、試験を受けるようですが、合格してもデビューってことは無いと踏んでいます。馬体重が410キロ前後ですし、疲れをとるために、一度放牧に出すんじゃないでしょうか。そうすると、7月は、天栄で乗り込んで、8月に再入厩し、9月にデビュー?と予想しています😚

◆スイートセント→未定

 まだまだ、走り方を教わっている最中。北海道にいるので、デビューの目処も立ちませんね。馬体重がドンドンと増加して、現在は、470キロを超えました👏🏻画像からも、筋肉が付いてきたのが分かりますし、動画でも力強くなったのが明らかです。とは言え、走り方が良く無いので、しっかりと調教を積んで、良さを引き出してもらいたいですね。10月にデビュー出来れば早い!くらいで考えています。

◆ベルジュルネ→未定(確実に来年以降でしょう)

 ボルトによる固定手術が無事に終了し、安静にしている状態。疝痛もあったため、馬体重も30キロぐらい減ってしまっています。徐々にカイバを食べているようなので、安心しています😌兎に角、体調第一に、ゆっくりと立ち上げてもらえればと思います。デビューは、新馬戦が無くなった後(来年3月以降?)になるような気がしますが、勝ち上がり目指して頑張って欲しいですね。

 

以上、全愛馬の出走予定と予想でした。

まとめると、

◆7月

ケイティーズソレル(第3回中京開催)

ユナカイト?(第2回新潟開催)

◆8月

ユナカイト?(第2回新潟開催)

シングルアップ(フェニックス賞

ヴィグラスファイア?

◆9月

シングルアップ(小倉2歳S

ブラストワンピース?

エレンボーゲン?

 

無事にレースまで迎えてくれることを心から祈っています!