一口馬主の小学校~競馬を生涯娯楽として楽しむ~

競馬をこよなく愛する競馬ファン「バブ」による一口馬主デビュー日記。その他、雑記あり。

初めての着外!

こんにちは。

 

今日の東京6R ダート1600mにて、愛馬ヴィグラスファイアが出走しましたが、結果は7着。

 

これまで、ブラストワンピースとヴィグラスファイアが出走していましたが、前者は3戦3勝、後者も1-1-1-0と、頑張ってくれていましたが、初めて馬券外&掲示板外を経験しました。

 

とはいえ、全く悲観しておらず、これまで一口馬主を初めて、上手く行き過ぎてた感がありまして、少しホッとしているくらいです😅

 

 

今日のヴィグラスファイアの回顧をしておきます。

非常に上手くスタートを切り、芝スタートも難なく対応でき、これまで見せていた、行き足のつかないヴィグラスファイアはどこへやら、スムーズに好位にとりつきます。この辺は、距離延長の効果があったかもしれません。

 

そのまま、折り合いを欠くこともなく、直線へ向き、田辺騎手に促されると、一瞬前に取り付こうとするものの差は詰まらず。ラストは、失速し雪崩れ込むように7着でゴール。

最後の直線は、何かを教え込むようにして、田辺騎手の愛のムチが何度も入っていましたから、例のごとく、手前を替えられなかったのかもしれませんね。動画を良く確認してみます。

 

あとは、ネットなどの情報を見ると、パドックでの発汗が酷かったようです。滝のような汗という表現も…。今日は、かなり気温も上がりましたからね…、夏競馬に向けては不安です。

それにしても、タメの効く走りを出来ていないように思います。

滝のような汗、手前を替えられないことから最後伸び悩んだのかもしれず、一概には言えませんが、現状では、一息でそのまま走り抜ける方が適性はありそうで、やはりサウスヴィグラス産駒ということかもしれません。

 

大敗しているわけではありませんので、一叩きされる次走は、得意の短距離で巻き返してほしいところ。

500万下になり、レースレベルも上がってきますから、すぐに勝ち上がるというよりは、入着を繰り返しながら強くなってくれればと思います。

 

◆ヴィグラスファイアの適性

   ○ダッシュは効くようになってきた!

   ○芝スタートも大丈夫!

   △距離は1400mまでかも…

    ×発汗多し(暑さ×?)

    ×手前を替えられない

 

ヴィグラスファイア出走!と、2歳馬入厩!

こんばんは。

 

今週は、ヴィグラスファイアが出走します。

 

◆ヴィグラスファイア

4/22日曜日 東京6R 500万下ダート1600m

先々週に除外され、2週ズレこんでしまいましたが、輸送も無く、前走勝ち上がった東京コースですので、期待しています。不安点はマイルへの距離延長でしょうが、こなしてくれる気がします。マイルまで対応できれば、今後のレース選択の幅も広がりますから、好走を期待✨

スターリーウォリアや、ゴドルフィンのシールート、ターフのサンティーニ、キャロットのヴァルディノートが有力馬でしょう。

 

 

さて、本日、2歳馬で早くも入厩馬が現れました👏🏻

キンシャサノキセキ産駒のシングルアップです。

輸送後もどっしりとしているようで、精神面でもタフなようですね。この精神面を活かせれば、案外距離も持つのかもしれません。当面はゲート試験合格が目標でしょう!

デビュー戦が待ち遠しいですね。

 

その他の2歳馬では、ベルジュルネ、ユナカイトが早めに入厩するかもしれません。特に、ベルジュルネは、某掲示板に5月入厩の7月の函館デビュー!という明確なスケジュールまで書かれているようです。信憑性の程はわかりませんし、予定がズレることは多々ありますから、鵜呑みにはしないものの、そうなればいいなぁ〜と淡い期待を抱いております😚

気が早いシルク2017年産出資馬大作戦

こんばんは。

 

気が早いですが、自分用のメモ的な感じで今年のシルク2017年産への出資についての作戦を考えています。

 

今年のシルクは、桜花賞馬アーモンドアイやプリモシーン、ブラストワンピースといったクラシック戦線での活躍馬が多数いたため、例年以上の大大大抽選会になるでしょう。

そのため、少し冷静になって一口馬主さん方の出資マインドを分析しておきます。

まずは、今年のクラシック戦線について。

桜花賞

1着馬 アーモンドアイ→ロードカナロア

2着馬 ラッキーライラックオルフェーヴル

3着馬 リリーノーブル→ルーラーシップ

皐月賞

1着馬 エポカドーロ→オルフェーヴル

2着馬 サンリヴァル→ルーラーシップ

3着馬 ジェネラーレウーノ→スクリーンヒーロー

 

対して

◆2018年全馬種牡馬リーディング

1位 ディープインパクト

2位 ハーツクライ

3位 キングカメハメハ

7位 ルーラーシップ

9位 ロードカナロア

15位 オルフェーヴル

41位 スクリーンヒーロー

 

◆2017年2歳種牡馬リーディング

1位 ディープインパクト

2位 ロードカナロア

3位 ハーツクライ

5位 ルーラーシップ

7位 オルフェーヴル

41位 スクリーンヒーロー

 

といった感じ。

そう、今のところ、クラシック3着以内に、2018年全馬種牡馬リーディング3位以内の父産駒はゼロ。

これが何を意味するのかと一般的な視点から見れば、「種牡馬の世代交代」でしょう。

一口馬主の視点から見れば、ディープやキンカメ産駒は種付料が高く、出資額が高くなってしまいます。それなのにクラシックで上位争いが出来ないとなると、必然的に比較的出資額が安めで活躍してくれる、ロードカナロアルーラーシップオルフェーヴル産駒に触手が伸びるのは当然のこと。

まぁ、オルフェーヴル産駒は勝ち上がり率がそこまで良くなく、大物以外は苦戦する印象があるため、そこまで人気しないかもしれません。

少し話は逸れますが、ペルシアンナイトやモズカッチャン、ブラストワンピース等、ここに来て活躍馬が多数のハービンジャー産駒も一口価格が控えめですし人気になりそうです。

 

 

ところで、ロードカナロアオルフェーヴルルーラーシップ等の種牡馬の力が偉大でクラシック上位争いをし始めたんでしょうか?

 

対して調べてないので、ここからは私の想像でしかありませんが、新種牡馬に優秀な繁殖牝馬が流れていることの影響も大きそうではないでしょうか。

 

もちろん、それもコミで出資馬を選定するのですが、新種牡馬と優秀な繁殖牝馬とのマッチングの流れがいつまで続くのか、募集馬一頭一頭の種付された意図をよく考えて、出資馬の選定をせねばならんなぁーと思った今日この頃。

 

なんだこの記事は?笑

 

 

といった感じですが、

今年は価格も踏まえて、特にディープインパクトハーツクライキングカメハメハの産駒は、票数が集まりにくそうではないでしょうかって話です。

 

私自身、2015年産3頭、2016年産5頭に出資しており、頭数がかなり増えました。したがって、2017年産は頭数を絞りたいと思っているので、あまり多頭数に申し込みをして、所有頭数を不明確にしたくないんですよね。

そういう意味では、少し人気が落ち着きそうな種牡馬の産駒をよーく相馬したいたなぁと思っています。

シルク第2回追加募集!

こんばんは!

シルクの第2回追加募集が発表されましたね。

 

牡 ポーレンの16 2000万円

ジャスタウェイ 

 

牡 アンプレヴーの16 2500万円

ブラックタイド

 

牝 ジュエルオブザナイトの16 1800万円

ルーラーシップ

 

牡 ラフィントレイルの16 3000万円

ブラックタイド

 

牡 アウトオブザウィムの16 1800万円

エイシンフラッシュ

 

アグネスターフの16 1500万円

ロージズインメイ

 

むむむ!

個人的には、追加募集にしては中々のラインナップに見えますね。

牡馬が5頭と多く、種馬は、ジャスタウェイブラックタイドルーラーシップエイシンフラッシュロージズインメイと、直球ど真ん中ではありませんが、カーブやスライダーのストライクゾーンという感じ。

 

画像だけで見れば、アンプレヴーの16が一番好み。

次点は、成長込みでラフィントレイルの16。

ジュエルオブザナイトの16は、なんだろう。少し管囲が細いからかな?若干頼りなく映ります。母系がしっかりしているので、走りそうではあるんですが。

 

まぁ近々公開される動画等で、印象がガラリと変わる気もしますね笑

 

 

皐月賞回顧

こんばんは。

皐月賞予想は、暇があったのでたまには買ってみるか!と思い、馬券を買ってみましたが、買うと当たらないんですよね笑

馬券を買わなかった大阪杯桜花賞までは連勝でしたが、買った今回は外れ。

なんだかなー。

 

◆レース感想

3頭が固まったままハイペース気味に飛ばし、離れた4番手に勝ち馬エポカドーロ。位置取りは最高で、展開利の恩恵も充分ありましたが、前走スプリングSで見せた抜け出してからの力強い走りは安定感があり、決してフロックなんかではありませんでしたね。

中山2連戦での好走から小脚を使えるイメージを持つ方もいそうですが、東京でも長く良い脚を使ってくれるのではないでしょうか。今回よりは人気するでしょうが、1番人気にはならなさそうですし、舐めていると日本ダービーでもしてやられそうです。

2着サンリヴァルは、エポカドーロのすぐ後方につけ、こちらも展開利があったでしょう。中山での連続好走ですから、コース相性もあったでしょうが、エポカドーロには明らかにキレ負け。日本ダービーでは?と、思わせる内容でした。

3着はジェネラーレウーノで、私は惑星=☆の1頭として取り上げていましたが、飛ばした3頭のうち唯一掲示板に残りました。やはりこの馬、底知れぬ強さがありそうで、田辺ジョッキーのコメントからもやや大物感を感じます。距離が伸びるのは歓迎でしょうし、広いコースでどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

人気どころのステルヴィオワグネリアン、キタノコマンドールは、展開に泣かされましたが、ステルヴィオとキタノコマンドールは最後の追い込み脚が目立っていましたし、広い東京コースで巻き返しを図ってくるでしょう。ワグネリアンは、中山コース&馬場の悪化のダブルパンチでこれまでの末脚を発揮できなかったのでしょうか?私も印は△止まりでしたが、良馬場の日本ダービーは合いそうな舞台なので、見切りをつけるのは次走でしょう。

ジャンダルムはゲートが全て。武豊ジョッキーも前に行きたかったとコメントしておりましたので、スタートが決まっていれば上位に食い込んでいたかもしれませんね。日本ダービーは距離が長い印象ですし、苦戦しそうです。個人的にはNHKマイル→安田記念(余裕があれば)のリアルインパクトローテでも良さそうですが。

 

さて、今回の皐月賞でブラストワンピースのライバル達のレースを観た訳ですが、、、

 

ブラストワンピースやれるぞ!!

十分にチャンスあるぞ!!

大竹さん、この子ならやれまっせ!!!

池添さん、頼みまっせ!!!

 

 

もちろん、青葉賞プリンシパルS京都新聞杯NHKマイル組から新星が現れるかもしれませんが、ダノンプレミアムも不安の残るローテとなりましたので、今年の日本ダービーは不動の主役不在ではないでしょうか。

誰が勝ってもおかしくない日本ダービーに愛馬が万全の状態で出走してくれることを心から祈っています👏🏻✨

皐月賞予想

こんばんは。

明日は皐月賞

お決まりの買わないけど予想してみます。今のところ、大阪杯桜花賞と2戦2勝中。

そろそろ外れる頃でしょうか笑

 

皐月賞予想

◎ステルヴィオ

○ジャンダルム

▲キタノコマンドール

ワグネリアン

△タイムフライヤー

△オウケンムーン

☆ジェネラーレウーノ

 

馬券は、

三連複

◎○☆−印全て−印全て 計31点

馬連

☆から印全ての流し 計6点

 

割と荒れるのではないかと思い、 トリガミ込みでも広めの馬券を。

 

◎ステルヴィオは、ダノンプレミアムにしか負けていません。前走、スプリングSエポカドーロを外から追い込んで、ゴール板前でキッチリ差し切った根性から本命に。外枠ですが、雨で内側が悪くなるよりは良いと思いますし、ルメールジョッキーの手綱捌きに期待。

 

○ジャンダルムは、前走、ワグネリアンに差し切られ、3着に敗れていますが、少頭数がゆえのこと。多頭数になれば、本馬の立ち回りの良さ、安定した走りは大きな武器になるでしょう。先行タイプが多く、ペースは速くなりそうで、内枠をうまく利用し、前を見ながら直線抜け出し、差してくる武豊ジョッキーが目に浮かびます。

 

▲キタノコマンドールは、2戦2勝で経験不足かもしれませんが、皐月賞男のミルコデムーロジョッキーゆえに外せません。すみれSの差し脚も目を見張るものがありましたし、同じディープインパクトワグネリアンよりはこちらの方が器用さで上回ると予想。

 

☆ジェネラーレウーノ

京成杯以来の出走。底が未だ見えてない期待度と、同じ舞台をハイペースで押し切ったスタミナを買って重い印を打ちました。ハイペースになり、3−5番手くらいから抜け出してくることを想定。有力な差し、追い込み馬達が馬群を捌くのに苦労すると勝ち負けまであると想定。

 

ワグネリアンは、能力的には最上位クラスも、エンジンのかかりの遅さがこの舞台ではネックになると考え控えめに。追い込んできても3着に来る能力はあるでしょうし、うまく中団につけられれば楽々勝ち得る存在でもあります。

△タイムフライヤーは、前走5着も直線の追い込み脚は目立っていました。1枠からじっくり脚を溜められそうな今回は、馬群をうまく捌ければ馬券内かと。

△オウケンムーンは、前走後は在厩調整。ダービーに向けてのこと、ということです。素質は十分でしょうし、アーモンドアイで勢いにのる国枝厩舎ですから、押さえておきたい馬かと。

 

 

明日は楽しみですねー!

愛馬近況

こんばんは。

愛馬近況です。

 

◆ヴィグラスファイア

先週の阪神500万下ダート1400mは、残念ながら除外されてしまいました。次走は、4/22東京500万下ダート1600mを田辺ジョッキーで予定。

ホームページのコメント曰く、2週ずれ込んだ影響は無さそうとのこと。ダッシュがつかないため、サウスヴィグラス産駒ながら距離は1200mよりは、長い方が良さそうですし、将来を考えるとマイルまで距離が持つと選択肢も増えますので、今回の除外が良い方に転ぶことを祈っています。

 

◆ケイティーズソレル

若干捌きが硬いようですが、良いキャンターをしているそうです。仕上がりは早い方らしく、月末には入厩とのこと。

まだデビューできておりませんが、残り時間は長くありません。デビュー戦は5月でしょう。初戦から良いところを見せてほしいですし、あわよくば勝ち上がりも期待しています。

 

◆ブラストワンピース

背腰の疲れも順調に取れてきているようです。明日はダノンプレミアムこそいませんが、皐月賞ですし、日本ダービーに向けての強敵が現れるでしょうね。

とにかく、怪我なく順調に体調を整えて、出走してくれれば一口馬主冥利に尽きます。

そして、今年の春のクラシックは、シルク一色にしてやりましょう✨笑