読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主の小学校~競馬を生涯娯楽として楽しむ~

競馬をこよなく愛する競馬ファン「バブ」による一口馬主デビュー日記。その他、雑記あり。

G3チューリップ賞~バブの牝馬クラシック路線の予想~

こんばんは。バブです。

本記事では土曜日に行われるチューリップ賞の予想でもしてみます。

 

チューリップ賞(G3)

阪神 芝1600m

 

阪神JF1着馬ソウルスターリング、2着馬リスグラシューが出走してきますね。当たり前ですが、これらの馬は、桜花賞に向けて賞金が足りておりますので、まさしく叩き台になるわけです。そう考えると、一見、上位2頭の力が抜けているように思えますが、権利取りを目指す他馬の一発があるのではないでしょうか。

というか、そう考えないと堅すぎて馬券妙味ないですよね。

 

バブの印。

ソウルスターリング

○ミリッサ

▲カワキタエンカ(←ん?)

リスグラシュー

穴ビップキャッツアイ(←え?)

 

各馬短評。

ソウルスターリング

阪神JF勝ち馬。先行できつつ、確かな末脚があるので崩れることは想像しがたい。

鞍上も引き続きルメール。連対を外すとするなら、ドスローからの直線用意ドン!になった場合ぐらいだと思います。怪物フランケルの仔、ここで負けると競馬界が盛り下がるので頑張ってほしい。

 

ミリッサ

キャロットで一口9万円の高額募集馬であり、全成績6戦5勝オークスシンハライトの半姉。前走エルフィンステークスでは、スローペースの前残りの展開ながら、1頭別次元の末脚で猛然と追い込むも3着止まり。桜花賞出場に向けて、出場馬の中で最も、賞金を獲得したいのは本馬でしょう。これまでの2戦は共に直線が平坦の京都コースで、直線坂がありパワーも要する阪神コースに変わるのがどうか。小柄な牝馬ですが、父ダイワメジャーはそこそこパワーもある気がしますので、こなすはず。

 

ワキタエンカ

前走千両賞は、チューリップ賞と同じ舞台、牡馬との混合戦ながら3着と好走。それも、直線で馬群をこじ開け、最後まで足を伸ばす非凡かつ渋すぎるレースぶり。デビューからの2戦は、重馬場でのレースしか経験しておらず、2戦のタイムも良くないが、父はディープインパクト。むしろ良馬場でこれまで以上のパフォーマンスを発揮する可能性も高いのではないでしょうか。

 

リスグラシュー

阪神JF2着馬。実は知り合いが一口馬主として出資しています。ミリッサと同じキャロットで一口7.5万円の募集馬。しっかり回収してくれていますね。ソウルスターリングと遜色ない力は持っていると思うのですが、レースぶりが後ろからなので、若干割り引きました。ただ、今回は馬体重も増加し、成長しているとのコメントがあるのと、武豊ジョッキーも本番の桜花賞を意識した乗り方をしてくるでしょうから、もちろん勝利もあり得るでしょう。ただし、その乗り方が裏目に出ることも想定し、今回は相手止まり。

 

ビップキャッツアイ

みなさん、は?という感じでしょうか。一応真面目に考えていますよ。

勝利したデビュー戦はダート1400m。逃げて、後続を突き放すナイスレースです。続く2戦目は、エルフィンステークスでしたが、初芝1600mで6着。道中は外め3番手で追走し、直線も足を伸ばしていましたが、周囲の末脚に及ばずというレースでした。個人的にはこれが好印象で、直線坂のある阪神に変わり、多少パワーが要求されることと、芝レースを引き続き使ってきましたので、ぜひとも前目でレースをして頂きたい。周りが坂で苦戦し、楽に逃げ、先行ができれば粘りこめる可能性があると思っています!

 

バブの馬券。

三連複流し

◎-○▲△穴(計6点×500円)

馬連流し

△穴-◎○▲穴(計7点-100円)

合計3,700円

 

どうなるやら。。。

 

 

↓馬券を買ってポイントがたまる時代なんですね。↓