読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主の小学校~競馬を生涯娯楽として楽しむ~

競馬をこよなく愛する競馬ファン「バブ」による一口馬主デビュー日記。その他、雑記あり。

楽しい!?クラブ選び♪~その1~

競馬 馬主 一口馬主 サラブレッド JRA シルクホースクラブ

こんばんは~!バブです。

早速、一口馬主の記事を書いていきます。

 

今日は、私が一口馬主のクラブをどうやって選んだのか、選んだ要素と共に書いていきます。

 

日本にはクラブ法人は20程度あるそうです。

そんな中から1つのクラブを選ぶのは大変ですよね~

でも多くの一口馬主を始める人は、

「GIを勝つような馬を持ちたい!」

「出資額以上稼いでくる馬に出資したい!」

と考えているはずです。

 

ちなみに私は、じわじわと花開いていく馬が大好きで、古馬になってからも長く活躍できる競走馬に魅力を感じるので、「まずは勝ち上がること」を主眼にクラブを選びました。

その後に2勝、3勝としていくかは二の次です笑

 

そこでクラブ別勝ち上がり率を調べてみました。

以下、一口馬主DBからの抜粋です。

 

1位:サンデーサラブレッドクラブ

2位:G1サラブレッドクラブ

3位:社台サラブレッドクラブ

4位:東京サラブレッドクラブ

5位:キャロットクラブ

6位:シルクホースクラブ

7位:ノルマンディーオーナーズクラブ

8位:グリーンファーム愛馬会

9位:ロードサラブレッドオーナーズ

10位:ウインレーシングクラブ

 

いかがでしょうか。

個人的には、ウインバリアシオンロードカナロアを輩出したウインレーシングクラブや、ロードサラブレッドオーナーズが上位に食い込んでいないのが印象的でした。

 

これをくじに例えると、当たり=勝ち上がる馬とするなら、上位のくじ袋(クラブ)には、たくさん当たりが入っていて、下位クラブはそもそも当たりが少ない袋からくじを引くことになります。

 

一口馬主初心者で、相馬眼に自身が無く、血統もそこまで詳しくないバブは、

ちょっとでも当たりが多いくじ袋からくじを引きたいので、この勝ち上がり率は非常に重要視しました。

 

しかし、G1馬にどうしても出資したい!という方は別です。

勝ち上がり率が高いことと、G1馬になる確率が高いことは別ですよね。

そういう方は、大物を輩出するクラブ選びをしないといけませんね。

その場合は、一口馬主DBから1頭あたりの平均総賞金のランキングに着目してみると良いかもしれませんね!

 

=バブ先生今日のまとめ=

・出資した馬と長く付き合いたいなら、勝ち上がり率の高いクラブを選定する

・G1馬に出資したい!という方は、平均総賞金に着目する

 

クラブ選びで困ったら、下記におすすめ書籍を紹介しておりますので、よろしければどうぞ↓↓

 

yasei.hatenablog.com